ウェブライターになる方法〜主婦の在宅ワークとして人気の副業

主婦の副業として、最近人気の仕事がウェブライターです。未経験者でも気軽に始めることができて、文章が書ければ、比較的安定した収入を得ることができるお仕事です。

 

これからウェブライターとして副業で稼ぐために、何をするべきなのか、まとめてみました。

 

 

ウェブライターとは?

 

 

ライターとは、いわゆる「物書き」、つまり文章を書いて執筆料をいただく職業です。ライターと言ってもさまざまなタイプがありますが、その中でウェブライターというのは、インターネット上のサイトやブログに使われる記事を書くライターのことです。

 

ウェブライターのお仕事は、とにかくその募集案件の多さが特徴的です。内容的には、専門的なことから、日記のようなものまで、いろいろです。

 

専門的な知識が必要なものは、比較的報酬が高く、だれにでも書けるような簡単なものは単価も安くなります。

 

ウェブライターになるには?

海外ライター

 

主婦の副業として、ウェブライターで収入を得るためには、記事作成サイトやクラウドソーシングのサイトに登録するのが早道です。

 

ネット上にあるサイトに無料登録するだけで、どのような案件があるのか確認できますし、すぐに作業を始めることができます。

 

ウェブライターのお仕事の中には、プロフェッショナルを求むというものもありますが、未経験でもOKといった案件も多いです。数ある募集の中から自分にもできそうなものに応募していくとよいでしょう。

 

ウェブライターになるために準備しておきたいもの

ウェブライターとしてお仕事を始める前に用意しておきたいものがあります。それは、パソコンとネット環境、それに報酬振り込み用の銀行口座です。

 

1.パソコン

ウェブライターとして、収入を増やしていくには、パソコンが欠かせません。スマホでも記事を書くことは可能ですが、著しく効率が悪いです。

 

また、仕事によっては、ワードファイルやテキストファイルで納品してくださいという仕事もありますので、本格的に稼ぐには、パソコンは必須です。

 

もちろんノートパソコンで十分ですが、さらに自分のワーキングスペースがあると効率的になります。

 

ウェブライティングのお仕事の中には、ネットでさまざまな情報を検索して記事作成するものが多いです。その意味でも、スマホでの記事作成はとても効率が悪いです。

 

タブレットでも記事作成はできますが、やはりキーボードがあるのとないのとでは、仕事効率が大きく異なります。

 

とはいっても、今までパソコンで副業をしたことがない人にとっては、ライターとして仕事が続くかどうかもわからないのにパソコンに投資できないという人もいるでしょう。その場合は、スマホやタブレットで数件仕事をしてみてから、パソコンの購入を考えると良いと思います。

 

スマホやタブレットで文章を作成するだけでお小遣い稼ぎができるサイト

 

2.ネット環境

ウェブライターとして活躍するには、ネット環境が必要です。

 

もちろんモバイルデーター通信でも可能ですが、本格的にライターとして稼ぐにはネット環境は必須です。また、データ通信のスピードはできるだけ早い方がスムーズだし、ストレスもたまりません。

 

 

 

 

 

3.ネットバンキング口座

もうひとつ、ウェブライターとして準備しておきたいものは、報酬振り込み用の銀行口座です。通常、ウェブライターの仕事は、受注も支払いや報酬受け取りもネットを介して行われます。

 

ですから、オンラインで取引できる銀行口座を持っておくことが必要です。これは、記事作成サイトで最初に登録するときは、必ずしも必要ではありません。最初に給与振り込みのときまでには用意しておきましょう。

 

ネットバンキングは、最近はどこの銀行でも対応してくれています。しかし、銀行口座によっては、報酬振り込みの際、振り込み手数料を負担しなくてはいけません。

 

おすすめは楽天銀行です。楽天銀行への報酬振り込みは、ゼロ円か安くなるというサイトが多いためです。

 

また、ネットバンキングを普段から使用するときに、気になるのはセキュリティ管理です。この数年特に不正アクセスによる情報の流出のニュースが多いですので、大手銀行だからといって安心できません。

 

その点、楽天銀行は、もともと大手ネット通販サイト楽天のサービスですので、ネット上のセキュリティ管理については、歴史が異なります。私も、ウェブライターの報酬振り込み口座として、メインに使っています。

 

 

 

ウェブライターになる方法

海外ライター

 

では、具体的にウェブライターとしてお仕事をするにはどうすればよいのかを説明していきます。

 

1.メールアドレスを取得する

まず、仕事用のメールアカウントを取得しましょう。普段から使っているメールアドレスを使用してもかまいません。

 

ただ、仕事上のメールアドレスと、プライベートのものを使い分けておくと、本格的にネットで副業をしていく上で、あとあと便利です。

 

メールアドレスは、YahooやGmailなどのフリーメールでかまいません。

 

2.副業サイトに登録する

次に、副業サイトに登録しましょう。ウェブライターとして続けていけるかどうかわからないという人は、Shinobiライティングやブログルポなどの文章投稿サイトに登録するところから始めるのがおすすめです。

 

これらのサイトは、無料登録すれば、すぐにお仕事を検索して、記事作成をスタートすることができます。

 

これらのサイトで紹介される案件は、比較的文字数も少なく、空いている時間にサクッと書けるものが多いです。

 

こういった副業サイトはたくさんありますので、いろいろ登録しておくのがおすすめです。登録はいずれも無料ですから、すべてに登録してもコストはかかりません。

 

複数のサイトに登録して、いろいろ使っているうちに、自分に合ったサイトというのが見つかると思います。お気に入りのサイトが見つかったら、それに絞って作業を進めていくと良いでしょう。

 

 

 

3.クラウドソーシングサイトに登録する

記事作成サイトの仕事で実際に仕事をしてみて、記事を書くことに抵抗がない人は、クラウドソーシングのサイトに登録しておきましょう。

 

日本最大級のクラウドソーシングとされる、クラウドワークスがおすすめです。

 

クラウドワークスなどのサイトは、ライティング以外の仕事もありますので、他にウェブサイト作成やプログラミングなどの特技がある人は、そのスキルを活かすことも可能です。

 

クラウドソーシングサイトへの登録も無料で行えます。

 

また、上記の記事作成サイトは、ほとんど報酬をポイントとして計算し、そのあとで換金というステップを踏みます。その点、クラウドワークスは、報酬がそのまま現金で計算されます。

 

 

 

 

 

主婦の副業として気軽に始められるウェブライター

海外ライター

 

ウェブライターというのは、気軽に始められるので、主婦の副業として注目している人も多いです。最初は、記事の単価も低いものしか依頼が来ないかもしれません。

 

しかし、続けていくうちに、効率的に稼ぐ方法もわかってきますし、報酬が高い案件が向こうから提示されることもあります。やり方によっては、かなりの金額を安定して稼ぐことも可能です。

 

仕事の案件も、非常に豊富にあるので、仕事がなくなるということはありません。未経験でもできる仕事も多いので、気になる人は今すぐ始めてみてくださいね。

トップへ戻る